西菱電機、都市型農業IoTで使える「農業クラウド」の提供開始
2018年10月31日 15時11分
no image
西菱電機株式会社(本社事務所:大阪府大阪市、代表取締役社長:西岡 伸明、以下「西菱電機」)は、2018年10月31日より、「農業クラウド」の提供を開始いたしました。「農業クラウド」は、西菱電機が提供する農業用の各種IoTセンサーデバイスに対応しており、都市型農家でも簡単に圃場管理できるクラウドサービスです。 ■背景 「農業クラウド」は、伊丹市農業青年研究会との実証実験で得られた知見を踏まえて、複数の圃場を管理する都市型農家が、圃場毎の栽培環境の見える化や比較をしやすくしました。 ■月額サービス料 ・2,000円/月(税別) ※計測データは10分値の料金です。 ※IoTセンサーデバイスは別途購入が必要です。 ※農業クラウドをご契約いただいた場合は、標準ダッシュボードが無料で利用できます。 ■機能 ・トップ画面(圃場別の計測データおよび飽差の表示) ・圃場照会(センサー別グラフ、圃場別グラフ、定点観測画像、栽培記録、圃場別比較) ・圃場管理(属性情報、栽培記録、デバイス管理) ・設定(トップ画面表示設定) ■接続できるIoTセンサーデバイス ・IoTボックス(WiFiモデル、3Gモデル、LoRaWANモデル) ・取り換え式土壌センサー ・LoRaWAN農業センサー https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000034925.html