ナスタ 福岡市1000世帯に宅配ボックスを無料配布。宅配ストレスの低減と宅配クライシスの解決に向け、本格始動
2018年10月31日 16時29分
no image
この度、株式会社ナスタ(本社:東京都港区、代表取締役社長:笹川順平 以下、ナスタ)は、福岡市と日本郵便の協力のもと、市内の戸建て住宅居住者1000世帯を対象に、ナスタの戸建て用宅配ボックス「スマポ」を配布し、2018年11月1日から運用を開始します。 また、宅配ボックス設置前後にアンケート調査を行い、「宅配ストレス※」を測定。検証結果と共に宅配ボックスの必要性だけでなく、宅配の在り方について施策をまとめ、来年3 月に発表します。 宅配ストレス(受取ストレス+配送ストレス) ✓宅配便の時間指定、午前中いつ来るかわからない。 ✓荷物を待ってシャワーも浴びられない。トイレにも行けない。 ✓パジャマ姿で玄関開けるのヤダな. . . EC市場の拡大に伴い、急激に増え続ける宅配便の荷物。受け取り方が変わらないままでは、対面して荷物を受け取らなければいけないため、自分の時間が制限されたり応対時に不安を感じたりなど、受取ストレスが増え続けます。 増え続ける荷物に対して、物流側も配達員不足や需給バランスの崩壊に陥り、長時間労働の常態化や再配達による配送ストレスがさらなる配達員離れに繋がって悪循環となっているだけでなく、送料の値上げや当日配送の撤廃など、利用者にも影響を及ぼしてきています。 ■ 福岡市実証実験フルサポート事業 http://www.city.fukuoka.lg.jp/soki/kikaku/mirai/fullsupport.html ■ 戸建住宅向け宅配ボックス「スマポ」Webサイト https://www.nasta.co.jp/smapo https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000020389.html