フジ住宅 引き渡し増で増収/19年3月期2Q|R.E.port
2018年11月1日 09時07分
no image
 フジ住宅(株)は29日、2019年3月期第2四半期決算を発表した。  当期(18年4月1日~9月30日)の売上高は534億3,700万円(前年同期比9.4%増)、営業利益25億9,900万円(同6.3%増)、経常利益25億6,400万円(同12.2%増)、当期純利益17億700万円(同11.0%増)。  主力の分譲住宅は、自由設計住宅、一棟売り賃貸アパートの引き渡し戸数が増え、セグメント売上高171億3,200万円(同12.6%増)、セグメント利益は12億7,300万円(同50.6%増)となった。  住宅流通は、中古住宅の利益率改善が遅れ、セグメント売上高157億4,900万円(同0.1%減)、セグメント利益1億7,000万円(同37.2%減)となった。  通期業績は、売上高1,100億円、営業利益67億円、経常利益65億円、当期純利益43億5,000万円を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000057341