東建 AIで住宅販売を効率化|R.E.port
2018年11月1日 09時19分
no image
 東京建物グループでインターネット事業を担う(株)イー・ステート・オンラインは、北海道大学大学院、AI TOKYO LAB(株)と共同開発した、AIを活用した住宅販売のマーケティングツール「AI Marketer for Real Estate Sales(以下、AIM)」の利用を開始した。  AIMは、蓄積した顧客・物件データを基に、AIが自動的に顧客ごとの興味・関心の度合いを見える化。顧客のニーズに合致した施策を推測・提案し、適切なアプローチを各営業チャネルと連携する。また、施策の結果をフィードバックすることで、推測精度を上げていく。  親会社である東京建物(株)で利用を開始し、取引先への導入提案も進めていく考え。同社は同ツールによって、顧客満足度の向上と住宅販売における業務効率化を目指していく。 https://www.re-port.net/article/news/0000057340