東急電鉄 四谷のオフィスビルを竣工|R.E.port
2018年11月1日 09時30分
no image
 東京急行電鉄(株)は31日、「東急四谷ビル」(東京都千代田区)を竣工した。  JR中央線・総武線「四ツ谷」駅より徒歩2分に立地。同地にあった「旧・麹町東急ビル」をオフィスビルとして建て替えた。建築面積約1,038平方メートル、延床面積約11,218平方メートル、鉄骨造(地下部鉄骨鉄筋コンクリート造)地上9階地下2階建て。  江戸時代に町家が並び、細い路地が交わり発展してきた麹町の歴史を踏まえ、小路をイメージした外観デザインを採用。またBCPにも配慮し、非常時72時間対応の発電機や防災備蓄倉庫を設置した。  テナントとして、旧・麹町東急ビルに入居していた(株)三井住友銀行と、起業家向けコワーキングスペースを提供・運営する米国のWeWorkとソフトバンクグループの合弁会社であるWeWork Japanが入居する。 https://www.re-port.net/article/news/0000057337