東京建物 住宅事業は好調/18年12月期3Q|R.E.port
2018年11月2日 09時04分
no image
 東京建物(株)は1日、2018年12月期第3四半期決算(連結)を発表した。  当期(18年1月1日~9月30日)は、営業収益1,935億1,900万円(前年同期比31.0%増)、営業利益365億6,900万円(同84.9%増)、経常利益338億1,200万円(同121.0%増)、四半期純利益237億3,200万円(同136.2%増)。  主力のビル事業では、「エンパイヤビル」(東京都中央区)の通期稼働や販売用不動産売却による不動産売上の増加などが寄与、営業収益802億7,200万円(同10.0%増)、営業利益248億9,600万円(同5.9%増)。  住宅事業では、「Brillia Towers目黒」(東京都品川区)、「Brillia 一之江」(東京都江戸川区)等、計494戸(同203戸増)を計上。営業収益618億8,200万円(同106.8%増)、営業利益117億9,900万円(前年同期:営業損失16億200万円)。  アセットサービス事業は、営業収益336億4,800万円(前年同期比16.2%増)、営業利益54億4,300万円(同77.1%増)。その他は、営業収益177億1,500万円(同11.4%増)、営業利益1億100万円(前年同期:営業損失8,700万円)。  通期は、営業収益2,800億円、営業利益450億円、経常利益400億円、当期純利益250億円を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000057364