三井不、中国・蘇州市で分譲住宅941戸|R.E.port
2018年11月2日 09時25分
no image
 三井不動産(株)は1日、中国で分譲住宅事業「明月蘭庭」(江蘇省蘇州市、総戸数941戸)への参画を発表した。香港に設立したMFHK INVESTMENT LIMITEDを通じ、香港の上場企業である緑城中国ホールディングス傘下・緑城房地産集団有限公司(緑城集団)と共同事業契約を結んだ。同事業推進のためのプロジェクト会社も緑城集団との合弁で設立した。  緑城集団は、中国国内での売り上げランキング上位のディベロッパー。開発品質や竣工後のハード・ソフトの対応にも定評がある。両社がそれぞれのノウハウを生かして事業を進めていく。  約7万平方メートルに及ぶ計画地は、上海などの大都市にアクセスする高速鉄道が開通予定。生活利便性が高く実需層からの人気が高い。三井不動産にとって中国華東エリアでは初の上海市以外での事業となる。住戸は140平方メートル台の3LDKが中心。竣工は2021年を予定している。 https://www.re-port.net/article/news/0000057359