住まいるハウジング 高気密・高断熱に特化した住まいづくりのサポートサービスを 11/3~横浜エリアでスタート! 住宅建築予定者向け無料セミナーを11月に4回開催
2018年11月2日 17時09分
no image
住まいるハウジング株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:高橋 彰)は、高気密・高断熱の注文住宅に特化した住まいづくりのサポートサービスを2018年11月3日(土・祝)より開始いたします。また本サービスのスタートに伴って、高気密・高断熱の住まいづくりに関する無料セミナーを、横浜エリアで11月中に計4回開催いたします。 ■高気密・高断熱の住まいづくりサポートサービスの概要 当社は横浜市の主に港北区、都筑区、青葉区エリアを対象に、高気密・高断熱の注文住宅に特化した住まいづくりのサポートサービスを開始いたします。高気密・高断熱住宅に適した土地探しのお手伝いと、信頼できるハウスメーカー・工務店選びのお手伝いを行います。 (1) 土地探しのお手伝い 高気密・高断熱住宅の性能を十分に発揮するために重要な日射取得に配慮し、陽当たりのシミュレーション等のサービスを提供しながら土地探しをお手伝いします。また、浸水リスク・地盤情報等のハザード情報も提供しながら土地探しを行います。 宅地建物取引業者として行う売買仲介業務は、買い手に寄り添うバイヤーズエージェントに特化します。 (2) ハウスメーカー・工務店選びのお手伝い 厳選して提携した信頼できる優良な高気密・高断熱住宅のハウスメーカー・工務店をご紹介します。ご紹介したハウスメーカー・工務店と成約した方には、5万円相当の新築お祝い金を進呈します。 ■本サービスの背景にあるもの (1) 高気密・高断熱住宅の定義が明確ではない 「高気密・高断熱住宅」については定義が明確ではないため、各住宅事業者が様々な性能の住宅をそれぞれ高気密・高断熱住宅と謳っており、消費者にとって極めて分かりにくいのが現状です。例えば「次世代省エネルギー基準」という20年近く前の省エネ基準(平成11年基準)を達成していることで、高気密・高断熱住宅を名乗っている住宅が市場には溢れています。そのため多くの消費者は、高気密・高断熱住宅に興味を持っても、雑多な情報の中で混乱しながら住まいづくりを進めている状況です。 (2) 先進国中最低水準である日本の住宅性能 日本の住宅の気密・断熱性能は、先進国中最低の水準にとどまっています。例えば欧米諸国では、戸建住宅にも省エネ基準への適合義務(※1)がありますが、日本にはありません。またその省エネ基準自体も先進国中最も緩い水準(※2)となっています。 さらに住宅の断熱性能を決めるうえで非常に重要な窓の断熱性能については、樹脂サッシや木サッシに比べて断熱に非常に不利なアルミサッシが主に使用されています。アルミサッシが主たるサッシとして使用されている国は、先進国の中では日本だけ(※3)です。しかしながら、そのような事実を多くの消費者は知らないままに住まいづくりを行っています。 (3) 消費者が知らない高気密・高断熱住宅のメリット 気密・断熱性能不足によるヒートショックの死亡者数は19,000人/年とも言われており、冬期に多くの方々が浴室でヒートショックに起因して溺死(※4)しています。また気密・断熱性能不足の住宅は、結露に起因してカビ・ダニが発生しやすく、喘息・アレルギー等の発症リスクが高い(※5)ことがわかっています。 高気密・高断熱住宅はそのようなリスクが低い健康な住まいであり、冷暖房の風も穏やかで、一年中快適に生活でき、睡眠の質も向上します。さらに高気密・高断熱化に伴う建築コストの増額分は冷暖房の光熱費が削減できるため、経済的にもお得な住まいです。 (4) 住宅の省エネ性能向上は日本の喫緊課題のひとつ 現在、国土交通省・経済産業省・環境省の三省が連携し、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に力を入れるなど、住宅の省エネ性能の向上に力を入れています。これは省エネ推進や国民の健康増進といった観点に加え、パリ協定に基づく家庭部門のCO2の削減目標が、他の部門に比べて高い水準に設定されていることが背景にあります。住宅の省エネ性能向上は、日本の喫緊課題のひとつです。 ※1~5の詳細は下記資料に記載 https://www.atpress.ne.jp/releases/169545/att_169545_1.pdf ■無料セミナー概要 横浜エリアで注文住宅の建築を予定・計画している方々を対象として、高気密・高断熱の住まいづくりに関するセミナーを下記日程で合計4回開催いたします。家を建てる前に知っておきたい住宅の気密・断熱性能等についてわかりやすく学べる無料セミナーです。 〔主な内容〕 1. 日本と主要先進国の住宅の性能 2. 住宅の断熱性能と健康との関わり 3. 気密・断熱性能と快適性 4. 風通し、漏気、換気 5. 目指すべき気密・断熱性能の目安 6. 住宅の燃費性能という概念 7. ZEHと高気密・高断熱 8. 住宅に必要な基本性能(気密・断熱性能以外) 〔日時及び会場〕※いずれの回も同内容です。 11月10日(土)13:30~15:30 横浜市港北区新横浜2-3-19 ミネタビル6階 スタンダード会議室(新横浜駅北口徒歩3分) 11月11日(日)13:30~15:30 横浜市青葉区美しが丘1-1-2 たまプラーザ テラス ゲートプラザ3F 東急セミナーBE たまプラーザ校(たまプラーザ駅直結) 11月17日(土)13:30~15:30 横浜市青葉区青葉台2-5-1 青葉台東急スクエアSouth-1 別館5階 東急セミナーBE 青葉台校(青葉台駅徒歩1分) 11月18日(日)13:30~15:30 横浜市港北区新横浜2-3-19 ミネタビル6階 スタンダード会議室(新横浜駅北口徒歩3分) 〔申込方法〕 当社ホームページより: https://smlhousing.com ■毎日メディアカフェへ登壇 当社代表の高橋が、11月7日(水)に毎日新聞社の毎日メディアカフェに登壇し、「後悔しない住まいづくりのために高気密・高断熱住宅の基礎知識」と題して講演いたします。 内容は、上記の無料セミナーと概ね同内容を予定しています。 日時:2018年11月7日(水)18:30~20:00 場所:東京都千代田区ーツ橋一丁目1番1号    パレスサイドビル 毎日新聞東京本社1階 詳細・申し込みはこちらから: https://mainichimediacafe.jp/eventcal/?yy=2018&mm=11#l4841 ■講師プロフィール 住まいるハウジング株式会社 代表取締役 高橋 彰 (宅地建物取引士、エネルギー管理士) 一般社団法人 ZEH推進協議会 運営委員 一般社団法人 日本エネルギーパス協会 広報室長 一般社団法人 クラブヴォーバン 企画室長 〔経歴〕 国立千葉大学 工学部 建築工学科卒 株式会社リクルート 株式会社UG都市建築 株式会社三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング) 日本ERI株式会社 株式会社WELLNESTHOME https://www.atpress.ne.jp/news/169545