東急コミュニティー 港区立郷土歴史館の管理を受託|R.E.port
2018年11月5日 09時39分
no image
 (株)東急コミュニティーは、港区立郷土歴史館の建物管理業務を指定管理者として受託。1日、管理業務を開始した。  同建物は、2009年に港区が国から取得。建物本来の姿を残す改修・保存方法により、耐震補強やバリアフリー化などを含めた工事を実施した。現在は、郷土歴史館やがん在宅緩和支援ケアセンター、子育て関連施設などを有する施設となっている。  同社とアクティオ(株)は、「アクティオ・東急コミュニティー共同事業体」として業務を開始。同社は施設全体の建物管理業務を担い、設備管理、保安警備、清掃、植栽管理などを行なう。 https://www.re-port.net/article/news/0000057377