三菱商事都市開発 千葉・八千代の物流施設を着工|R.E.port
2018年11月6日 09時15分
no image
 三菱商事都市開発(株)(MCUD)は5日、物流施設「MCUD八千代」(千葉県八千代市)を着工した。  京葉道路「花輪」IC約10km、東関東自動車道「千葉北」IC約12kmに立地。敷地面積約3万7,000平方メートル、延床面積約3万6,000平方メートル。鉄骨造地上3階建て。  2層両面トラックバースを確保し、2階倉庫部分を積載荷重1平方メートル当たり2t、有効天井高7.5mとすることで、スピーディな入出荷とさまざまな貨物の保管を可能にした。敷地内には従業員用駐車場を157台分設け、休憩室・カフェテリアの設置を想定したスペースも確保し、働きやすい環境づくりにも配慮した。  竣工は2019年夏の予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000057383