プレサンスコーポレーション 販売戸数が大幅増/19年3月期2Q|R.E.port
2018年11月7日 09時12分
no image
 (株)プレサンスコーポレーションは6日、2019年3月期第2四半期決算(連結)を発表した。  当期(18年4月1日~9月30日)は、 売上高1,213億5,000万円(前年同期比83.2%増)、 営業利益257億7,700万円(同134.6%増)、 経常利益255億8,300万円(同138.5%増)、 当期純利益174億200万円(同140.4%増)。  主力の不動産販売事業は、ワンルームマンション販売戸数1,638戸(同338戸増)、売上高297億8,000万円(同33.4%増)、ファミリーマンション販売戸数1,639戸(同959戸増)、売上高619億8,500万円(同159.6%増)といずれも好調。同事業の合計売上高は1,184億9,800万円(前期比85.8%増)、営業利益は253億5,000万円(同142.0%増)となった。  通期では、 売上高1,524億7,100万円、 営業利益245億5,100万円、 経常利益236億6,100万円、 当期純利益161億6,100万円を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000057408