大臣認定不適合の防火サッシ、279棟に出荷|R.E.port
2018年11月8日 09時39分
no image
 国土交通省は7日、(株)エクセルシャノンから、同社が戸建住宅等に出荷した防火サッシが国土交通大臣認定に適合しない仕様となっているとの報告を受けた、と公表。  大臣認定2件に係る製品について、防火サッシのクレセントの一部が、認定仕様では「亜鉛合金ダイカスト製」であるところ、「樹脂製」とされており、279棟の戸建住宅等に出荷されたという。なお、不適合なクレセントを使用した防火サッシについては、同社の性能試験により、建築基準法で求められている20分の遮炎性能を有していることは確認済み。  同社は、大臣認定仕様のクレセントに取り替えることを原則に、取り替えを希望しない所有者の意向にも添えるよう、実際に出荷した製品仕様で大臣認定を申請する方針を明らかにしている。  是正工事は年内に完了させる方針で、一部は取り替え済み。  国土交通省では、関係特定行政庁等に対し、物件リスト等を情報提供。建築基準法違反等の事実確認と是正後の確認を進めるよう依頼した。 https://www.re-port.net/article/news/0000057422