大東建託 豊洲に”賃貸専門”の展示場|R.E.port
2018年11月9日 09時19分
no image
 大東建託(株)は6日、東京都江東区東雲で建設する、国内初の”賃貸住宅専門”展示施設の名称を「ROOFRAG(ルーフラッグ)賃貸住宅未来展示場」に決定した。  同施設は、東京メトロ有楽町線ほか「豊洲」駅徒歩12分に位置。敷地面積約2,989平方メートル、延床面積約3,639平方メートル、鉄筋コンクリート造・一部木造・一部鉄骨造地上4階建て(木造部分:地上3階、RC造部分:地上4階)。外観は、CLT(直交集成板)を利用した大屋根を特徴とする。  「展示ゾーン」(1~4階)では建築テクノロジーや商品ラインナップ、賃貸住宅事業の仕組みなど多様な内容を紹介する。各種セミナー・社員研修等が実施できるセミナールームやキッズスペースなども設置。また「モデル棟」として、実物大の同社賃貸住宅商品を設けるなど、体感型の情報発信拠点として提供する。  11月に着工、竣工は20年2月を予定。予約不要の施設とし、より多くの人に未来の賃貸住宅・暮らしの情報を発信していく。初年度の来場者数は約2万人を見込んでいる。 https://www.re-port.net/article/news/0000057429