JR東、駅ナカシェアオフィスで実証開始|R.E.port
2018年11月9日 09時22分
no image
 東日本旅客鉄道(株)は6日、シェアオフィス事業「STATION WORK」の事業展開に向け、ブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」の実証実験を行なうと発表した。  社会課題となる働き方改革・生産性向上のサポート等を目的として、移動時間ロスの少ない駅ナカ等にシェアフィスを設置する。ブース型・コワーキング型・個室型の3タイプを展開する予定で、今回ブース型オフィスを3つの駅に設置し、事業の検討を進める。実施期間は2018年11月28日~19年2月20日。  設置場所は東京駅・新宿駅・品川駅構内。個人・法人向け各2台の計4台を各駅に設置する。サイズは、東京駅に設置するものが底辺約1.1m×1.1m、高さ約2.2m。新宿駅・品川駅は底辺約1.2m×1.2m、高さ2.2m。  予約開始は18年11月19日から。個人は専用WEBサイトからの登録制、法人はJR東日本との法人契約後、利用アカウントを付与する。15分または30分の予約制(1日1アカウント30分が利用上限)。利用時間は午前9時~午後9時。利用料は無料。 https://www.re-port.net/article/news/0000057431