THE PERS 建築設計業界のIT化を推進する京大生起業家が新サービス『BEAVER』をリリース 建築学生のIT教育からコミュニティづくり、企業とのマッチングまでを一連のサービスとして提供
2018年11月12日 09時20分
no image
株式会社THE PERS(代表取締役:伊藤拓也(京都大学大学院在籍中))は、建築設計業界のIT化を若者の力で推進するための建築学生向けwebサービス『BEAVER』を2018/11/11にリリースいたしました。 【URL】https://beaver-archi.com 【BEAVERの3つのサービス】 BEAVER STUDY 建築分野のITツールである各種CADソフトや3Dモデリングソフトの使い方をオンラインで学習できるe-Learningサービス。 大学1~2年生をメインターゲットに、まだ大学教育ではカバーしきれていない建築ITソフトを学びやすい環境を提供する。 2018年11月11日リリース。 BEAVER SHARE 建築学生の設計課題作品をオンライン上でシェアするSNSサービス。 従来のSNSのように画像と文章で自分の作品を投稿するだけでなく、3Dデータのまま作品を投稿することも可能にしているためよりリアルに建築作品を共有することができる。 2018年11月11日リリース。 BEAVER WORK 設計事務所や工務店、ゼネコンとのインターンマッチングサービス。 IT人材が不足している設計現場のニーズと、より自分の能力を発揮することができるインターン先を求めている学生のニーズを結びつける。 このサービスによりITリテラシーの高い学生を社会へと送り出し、ひいては弊社の目標である「建築設計業界のIT化」を実現していく。 2019年4月頃リリース予定。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000038856.html