すてきナイスグループ 建築資材事業ふるわず/19年3月期2Q|R.E.port
2018年11月13日 09時29分
no image
 すてきナイスグループ(株)は9日、2019年3月期第2四半期決算(連結)を発表した。  当期(18年4月1日~9月30日)は、売上高1,058億8,300万円(前年同期比5.4%減)、営業損失16億7,900万円(前年同期:営業損失12億8,000億円)、経常損失19億6,400万円(同:経常損失15億900万円)、当期純損失23億5,200万円(同:当期純損失20億4,200万円)。  主力の建築資材事業は、木造住宅の耐震化と国産木材の利用促進、建築資材の拡大等に注力。売上高は817億3,100万円(前年同期比0.1%減)、営業利益は9億5,300万円(同31.2%減)だった。  住宅事業については、一戸建て住宅の販売強化と供給の拡大に加え、資材調達、物流、施工体制の効率化等による収益の確保に努め、一戸建て住宅243戸(同50戸減)、マンション63戸(同118戸減)を計上。売上高は207億9,800万円(同22.1%減)にとどまり、営業損失15億9,200万円(前年同期:営業損失11億9,400万円)となった。  通期は、売上高2,400億円、営業利益15億円、経常利益11億円、当期純利益4億円を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000057463