平井五丁目駅前地区市街地再開発組合の設立を認可します|東京都
2018年11月14日 13時05分
no image
東京都は、都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、平井五丁目地区市街地再開発組合の設立を下記のとおり認可しますのでお知らせします。 本地区における市街地再開発事業の施行により、商業機能の更新と都市型住宅等の整備を行うとともに、地域の防災活動に貢献する施設を配置し、平井駅北口の顔となる、安心・安全と賑わいのある新たな生活拠点を創出します。 記 1 事業効果 (1) 駅前にふさわしい賑わいづくり 平井駅北口という地域の「顔」となる立地特性を活かし、駅前広場に面したにぎわい広場の整備や建物低層部への商業施設等の配置により、賑わいの創出を図る。 (2) 地域の防災性の向上 特定緊急輸送道路に面した防災広場や、建物内の一時避難場所、防災備蓄倉庫を整備するとともに、地区内の消防団と連携することで、地域の防災性の向上を図る。 (3) 地域コミュニティの活性化 多様なタイプの住宅を供給するとともに、子育て支援施設や地域貢献用集会室の整備を行うことで、様々な世代の住民の交流を活性化する。 2 認可組合(施行者)の名称及び所在地 平井五丁目駅前地区市街地再開発組合 江戸川区平井五丁目10番12号 アイケイビル3階 3 事業の名称 東京都市計画事業 平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 4 施行地区 江戸川区平井五丁目地内 5 地区の概要 (1) 地区面積 約0.7ヘクタール (2) 計画概要 施設規模 延べ面積 約44,100平方メートル 階数・高さ 地上31階/地下1階、高さ約110メートル 施設用途 住宅、店舗、保育所、駐車場等 公共施設等 江戸川区特別区道A-0032号線(幅員7.5~13.3メートル、延長約170メートル) 区画道路1号(幅員10メートル、延長約90メートル) 広場1号(約135平方メートル、広場2号(約425平方メートル) 歩道状空地1号(幅員3メートル、延長約250メートル) 総事業費 約198億円 6 認可予定日 平成30年11月14日(水曜日) 7 認可の効果 組合設立認可により法人格を得て、市街地再開発事業の施行者となり、事業に着手する。 今後の予定 権利変換計画認可 平成31年(2019年)11月 工事着手 平成32年(2020年)4月 建物竣工 平成35年(2023年)8月 http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2018/11/13/06.html