大京穴吹不動産 民泊施設にIoT管理を導入|R.E.port
2018年11月15日 09時42分
no image
 (株)大京穴吹不動産は、同社民泊施設にIoTによる管理・運営ツールを導入する。  特区民泊施設「旅家 京橋 OsakaCastle」(大阪市都島区)にて、(株)SQUEEZEの提供する民泊施設のクラウド管理ツール「suitebook(スイートブック)」と、楽天コミュニケーションズ(株)が提供する民泊運営IoTサービス「あんしんステイIoT」を採用。個人情報管理や稼働状況の確認、タブレットを使った入居者とのコミュニケーション対応など、一元管理を行なっていく。  今後は、旅館業法許可取得済物件などの宿泊事業施設においても、同ツールを活用していく考え。 https://www.re-port.net/article/news/0000057488