プレミア投資法人 分配金は2,696円/PIC18年10月期|R.E.port
2018年12月19日 11時24分
no image
 プレミア投資法人(PIC)は17日、2018年10月期決算を発表した。  当期(18年5月1日~10月31日)は、営業収益91億1,900万円(前期比0.4%減)、営業利益39億8,800万円(同3.5%減)、経常利益35億5,200万円(同3.5%減)、当期純利益35億5,000万円(同3.5%減)。1口当たり分配金は2,696円(同9円増)となった。  当期は新たな取得および売却は行なっておらず、期末時点の保有資産はオフィスビル26物件、レジデンス33物件、優先出資証券1銘柄の計60物件。取得価格の総額は2,464億6,400万円、用途別の投資比率はオフィスビル59.5%、レジデンス32.4%、その他(優先出資証券)8.1%となっている。また、優先出資証券を除いた保有物件の稼働率は、オフィスビルが97.8%(同1.4ポイント上昇)、レジデンスが97.4%(同0.5ポイント低下)。  次期は、営業収益98億2,700万円、営業利益46億2,200万円、経常利益42億1,600万円、当期純利益42億1,500万円、1口当たり分配金2,940円を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000057804