ミサワホーム、米国の住宅事業に進出|R.E.port
2018年12月26日 12時34分
no image
 ミサワホーム(株)は21日、100%出資子会社のMisawa Homes AmericaInc.(ミサワホームアメリカ、以下MHAM社)を通じ、米国で住宅の建設・販売を手掛けるImpression Homes LLC(インプレッションホーム、以下IH社)の株式51%を取得すると発表した。  同社は、現在取り組んでいる3ヵ年の中期経営計画で海外事業を重点事業の一つとし、2019年度の海外事業売上高100億円を目指している。11月には豪州の住宅建設会社を子会社化するなど、事業拡大を図っており、米国においても人口流入による住宅需要の増加が見込まれるテキサス州ダラスを中心に進出の機会を模索してきた。  IH社は、テキサス州ダラスおよびフォートワース周辺で不動産用地の取得から戸建分譲住宅の建設、販売まで幅広く事業展開している。完成宅地を取得して分譲販売するビジネスモデルが中心であり、長期・多額の試算負担の必要が少ないことや、ミサワホームの事業への理解が深いことから、両社のシナジーを発揮できると判断した。  ミサワホームは19年1月にMHAM社を通じてIH社の持分51%を取得した後も、5年を目処に段階的に全持分を取得する考え。今後は、ミサワホームが保有する設計ノウハウとIH社の事業基盤やネットワークを活用してアメリカでの戸建住宅事業を展開。将来的な地価上昇や都市部需要の増加を見据え、タウンハウスや小型物件の開発を進めていく。 https://www.re-port.net/article/news/0000057856