グローバル・リンク・マネジメント 下町の魅力を満喫できる4つの街の近接エリアに新物件が登場 ARTESSIMO® LINO
2019年1月7日 15時22分
no image
投資用不動産を扱う株式会社グローバル・リンク・マネジメント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:金 大仲、以下、GLM)は、4年連続して入居率99%以上を誇る自社ブランド「ARTESSIMO(アルテシモ)シリーズ」の新物件として「ARTESSIMO® LINO(アルテシモ リーノ)」の分譲を2019年1月7日(月)より開始します。  GLMの自社開発ブランドである「アルテシモ」とは、「ARTESSIMO(ART【芸術】+issimo【最上級】)」という成り立ちの、現代イタリア語を基にGLMが考えた造語です。現代的で心地良い空間を提供するという想いが込められています。本シリーズを含むGLMグループが賃貸管理する戸数は2,123戸、その入居率は約99.15%と高い水準を保持しています(※1)。また、アルテシモシリーズは、最長35年のサブリースという業界最高水準のサポートを提供しています。そのサブリースの賃料の見直しは7年毎、更新時のサブリース賃料の下げ幅も最大5%に制限するなど、物件オーナーが収益を長期で見通しやすい仕組みを提案しています。  今回新たに登場する「ARTESSIMO® LINO」は、都営大江戸線「両国」駅から徒歩8分、JR総武線「両国」駅から徒歩12分、都営大江戸線・都営新宿線「森下」駅から徒歩8分のポジションに立地しており、主要3路線2駅の利用が可能です。また、ターミナル駅である「東京」駅まで約7分でアクセスが可能で、「秋葉原」駅、「新宿」駅、「六本木」駅などの主要駅へも直通となっています。本物件は、大相撲発祥地ならではの江戸情緒が息づく「両国」、ショッピングタウンとして発展を続ける「錦糸町」、下町の中心都市として国際的な人気を誇る「浅草」、東京スカイツリーの建つ先進的な観光都市「押上」といった、特長ある4つの街に近接しており、下町の魅力を満喫できるエリアに立地しております。  また本物件の名称は、外壁のタイルの色味からイタリア語で「亜麻色」を意味する「LINO(リーノ)」と命名致しました。居室設備については、全住戸に「iRemocon(アイリモコン)」(※2)を標準装備し、外出先からでもスマートフォン1つで家電を操作することが可能です。 ※1:2019年1月7日現在 ※2:「iRemocon 」は株式会社グラモの登録商標です。 ■「ARTESSIMO® LINO」 物件概要 ・名称   :ARTESSIMO LINO(アルテシモ リーノ) ・所在地  :東京都墨田区緑2丁目5番 ・交通   :都営大江戸線「両国」駅 徒歩8分        都営大江戸線・都営新宿線「森下」駅 徒歩8分        JR総武線「両国」駅 徒歩12分 ・総戸数  :39戸(管理室1戸含む) ・販売戸数 :38戸 ・敷地面積 :346.55㎡(約104.83坪) ・構造、規模:鉄筋コンクリート造 地上9階建 ・間取り  :1K・1LDK・1LDK+S ・竣工時期 :2019年1月下旬 ・入居時期 :2019年2月初旬 ・売主   :株式会社グローバル・リンク・マネジメント ・設計、監理:株式会社スペース・デザイン建築研究所 ・施工   :株式会社小川建設 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000027.000020953.html