ビヨンドボーダーズ 現地にいるような感覚に 海外不動産の「VR視察サービス」開始! ~不動産テックのビヨンドボーダーズ~
2019年1月11日 11時16分
no image
【IT×海外×不動産】をテーマに、海外不動産メディア事業、および海外不動産エージェント事業を展開する株式会社ビヨンドボーダーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:遠藤 忠義、以下 ビヨンドボーダーズ)は、日本にいながら海外不動産をVR(バーチャル・リアリティ)を利用して視察できる「VR視察サービス」を2018年12月から開始いたしました。 ■「VR視察サービス」開始の背景 海外で不動産を購入したい方にとって、物件の画像や映像のみではお部屋の様子や周辺環境について詳細に把握することが困難です。特に海外不動産は高価な買い物のため、ご自分の目で物件の様子を見て購入を検討されたい方は多くいらっしゃいます。 しかし、海外で物件の視察を目的として渡航するにあたり、時間的、資金的なコストがかかるため、気軽に現地を訪問するには困難が伴います。また、一度に複数の国を訪問し比較するのはより難しく、視察できる国も限られてしまうのが現状です。 このような、海外物件の現地視察に関する距離的な問題を解決するため、当社では日本にいならでも現地の物件や周辺環境の様子がリアルに感じられる「VR視察サービス」を開始いたしました。 ■「VR視察サービス」の詳細 「VR視察サービス」は、当社のセミナーにご参加いただいた方を対象に、当社スタッフがマレーシアやカンボジアの街中・物件の内部などを360度カメラに収めた映像を、VRゴーグルにより体験していただくサービスです。 実際に「VR視察サービス」を体験していただいたお客様からは、「現地に行ったかのような感覚が味わえる」と好評をいただいております。 今後は日本人のお客様に海外不動産をより身近に感じていただくため、VR視察に対応する国や物件を増やして参ります。 「VR視察サービス」を体験されたい方は、ビヨンドボーダーズ主催のセミナーにご参加下さい。 セミナー: https://ja.sekaiproperty.com/seminar ※会場が「ビヨンドボーダーズ本社」となっているセミナー限定でのサービスとなります ■ビヨンドボーダーズの取り組み内容 海外不動産ポータルサイトのセカイプロパティの運用、および海外不動産エージェントサービスの提供 SEKAI PROPERTY: https://ja.sekaiproperty.com ■株式会社ビヨンドボーダーズとセカイプロパティ運営の背景について 「不動産取引で生まれる『Happy』を世界中で」というミッションのもと、富裕層を中心とした、投資家様の健全な投資活動をサポートすべく、海外不動産比較ポータルサイト「セカイプロパティ」を運営しています。 同時に、購入時の物件選びから賃貸付け・管理・売却までを全て日本語のワンストップで支援するエージェント事業を運営。英語・中国語のネイティブスピーカーも在籍しており、グローバルな取引に対応しています。 また、マレーシアに支社があり、東南アジアの不動産視察ツアーや、現地のリアルな一時情報も収集・発信しています。 https://www.atpress.ne.jp/news/174745