クロスハウス 空室が目立つ新築シェアハウスを高稼働率の物件に!
2019年1月11日 17時02分
no image
シェアハウスを運営管理するクロスハウス(東京都渋谷区、代表取締役社長 鳥井淳史)は、韓国の留学エージェント20社と業務提携を致しました。 留学エージェントに住まいを提供する事で、更なる集客力の強化を図る予定です。これにより、4月、7月、10月、1月の年4回で安定した集客が可能となります。今後、現在の月間契約数200件を1.5倍の300契約にしていく計画で、随時、提携数を増やして参ります。 【今後の展開】 今後の展開としては、韓国の留学エージェントだけでなく、台湾、欧米圏のエージェントと提携していく予定です。留学エージェントとの提携で集客力が強まることで、入居できる部屋数が不足することが予想されます。そのため、物件の借り上げを同時に進めて参りたいと考えています。具体的には、銀行や弁護士などの士業からオーナー様のご紹介を積極的に強化していく予定です。今年度は100物件1000名の拡大を目指しています。 シェアハウスの管理会社を新しく探されている方は、個人法人問わず下記までお気軽にご連絡ください。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000034894.html