住宅金融支援機構 「住宅金融機構グリーンボンド」、21日に発行|R.E.port
2019年1月16日 11時08分
no image
 (独)住宅金融支援機構は11日、国内初となる住宅ローンを資金使途とする「住宅金融機構グリーンボンド」の発行条件を発表した。  グリーンボンドは、再生可能エネルギーの活用や省エネルギー性の向上といった環境改善効果のある事業(グリーンプロジェクト)の資金を調達するために発行される債券。  今回発行する「住宅金融機構グリーンボンド」により、フラット35Sによる省エネ住宅を普及させる取り組みを周知させるとともに、投資家から資金調達面でサポートしてもらい、良質な住宅のさらなる普及促進を図っていく考え。  発行年限は20年で、発行額は100億円。表面利率は0.548%。発行日は1月21日。対象住宅は「フラット35」S(金利Aプラン)省エネルギー性、同耐久性・可変性<長期優良住宅>、同(金利Bプラン)省エネルギー性の3種。 https://www.re-port.net/article/news/0000057949