Hubble 面倒な、紙の契約書がワンクリックで締結可能に。
2019年1月18日 11時00分
no image
法務ドキュメントのバージョン管理システム「Hubble(ハブル)」を運営する株式会社Hubble(本社:東京都渋谷区、以下「Hubble」という。)は、紙の契約書の製本、押印、郵送及び保管業務を代行するサービスを2月から始める。 Hubbleは、Microsoft Wordを利用して作成された法務ドキュメントを自動でバージョン管理が可能である。そして、電子契約サービスであるクラウドサインや、DocuSign、AgreeとAPI連携を行っており、Hubbleで作成、編集した契約書をシームレスに電子契約が可能である。 もっとも、昨今、日本において電子契約の普及が著しいものの、その普及率は約2割に過ぎない。いまだ多くの企業は、自社で契約書を製本して押印作業を行い、郵送、保管業務を行っている。 そこで、Hubbleは、電子契約のみならず、紙で作成された契約書についても、締結業務の効率化を担うべく、紙の契約書の押印及び保管業務を代行するサービスを始める。これにより、ユーザは、ワンクリックで締結業務、契約書の保管業務から解放され、紙の契約書で締結する際も、クラウドサイン等の電子締結のような体験ができる。また押印済みのデータはHubbleに保存され、作成過程の契約書とともにHubble上で一元的に管理できる(契約書原本は希望に応じてをユーザに返送する予定である)。 価格は、検討段階であるものの、月10通を上限として、月額1万円(+ 印紙や送料等の実費分)を予定しており、同サービスのユーザーはHubbleの利用が3か月無料になる。 Hubbleは昨年の10月にリリース後、上場企業を含め、導入が進んでいる。導入理由としては、法務部門の生産性の向上が大きい。各電子契約サービスとの連携により、電子契約サービス導入企業に関しては、大きく契約業務の生産性を向上できたものの、紙で作成された契約書の押印作業や郵送業務については、大きな手間を抱えたままの状態であった。 今回のサービスを通して、電子契約のみならず、契約書の締結業務から保管まで、Hubbleですべて行えるようになり、契約業務の生産性を大きく向上できると考えている。 お問い合わせ先URL https://form.run/@hubble-sign https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000027155.html