宝島社 『田舎暮らしの本』が発表する2019年版「住みたい田舎」ランキング発表!《人口10万人以上 大きなまち》鳥取県鳥取市 3冠!《人口10万人未満 小さなまち》大分県臼杵市 2冠!
2019年1月18日 17時00分
no image
 雑誌販売部数トップシェア(※)の株式会社宝島社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:蓮見清一)が発行する月刊誌『田舎暮らしの本』は、2019年1月4日(金)発売の2月号で、「2019年版 第7回 住みたい田舎ベストランキング」を発表します。  「住みたい田舎ベストランキング」は、2013年2月号よりスタートしました。移住定住の推進に積極的な市町村を対象に、移住支援策、医療、子育て、自然環境、就労支援、移住者数などを含む220項目のアンケートを実施。663の市町村からいただいた回答をもとに、田舎暮らしの魅力を数値化し、ランキング形式で紹介しています。   ランキングは、「自然が豊かなところで田舎暮らしを楽しみたい人」と「都会の便利な暮らしも捨てがたい人」の双方のニーズに答えるため、人口10万人未満の「小さな町」と、人口10万人以上の「大きなまち」の2つのカテゴリーに分け作成しました。  また今回は、田舎暮らしに求めるものとしてニーズの高い自然環境の良さや、自然の恵みの享受しやすさ、農林漁業への就業支援などを反映した【自然の恵み部門】を新設し、【総合部門】【若者世代部門】【子育て世代部門】【シニア世代部門】に加えて、全5部門で1位を選出しました。  「小さなまち」の【自然の恵み部門】では、千葉県いすみ市が1位を獲得。都心から1時間程度で、里海と里山の両方が楽しめるという好立地であり、「創業支援」が充実しています。  「大きなまち」では鳥取県鳥取市が、【総合部門】【若者世代部門】【自然の恵み部門】で3冠を獲得。移住前の相談から移住後のサポートまで、幅広い世代を支援する体制が整っており、2018年度は、若者や子育て世代の受け入れ体制を拡充したことから、昨年から4部門で順位を上げ2部門で1位、新設部門でも1位となりました。  「小さなまち」では大分県臼杵市が、【若者世代部門】【シニア世代部門】で2冠を獲得。有機農業で育てた野菜、臼杵湾で獲れる新鮮な海の幸など、豊かな食材に恵まれ、就業サポートも充実していることが評価されました。  また、移住者数が大幅に増加し、その8割が30代までの世代であった島根県飯南町が【子育て世代部門】で初の1位を獲得しました。 ふるさと回帰支援センター・理事長の高橋公氏によると、2018年の同センターにおける移住相談件数は、月当たり約3400件。17年より500件以上増えており、特に20~40代の若い世代の関心が高くなっているとのこと。幅広い世代で田舎暮らしへのニーズの高さは依然続いています。 ■『田舎暮らしの本』編集長 柳 順一(やなぎ・じゅんいち)コメント アンケート参加市町村に、今年度の移住者数の動向をたずねたところ、ランキング上位の市町村は比較的好調に推移していることがわかりました。本ランキングが、移住希望者のニーズを反映したものだからこその結果です。第7回となる今回は「自然の恵み」部門を新設しました。これは「日々の暮らしのなかで、自然の恵みを享受しやすいまち」のランキングです。移住先に自然の豊かさを求める多くの方のご期待に応えるものになっています。 『田舎暮らしの本』2月号/定価:800円(税込) (2019年1月4日発売) ■『田舎暮らしの本』とは? 1987年に創刊した“日本で唯一”の田舎暮らしを紹介する月刊誌です。全国各地の物件情報や、田舎暮らしに必要なハウツーを紹介。お仕事情報など、実際の移住者レポートを交え、田舎暮らしに役立つ具体的な情報を発信しています。2013年2月号から「住みたい田舎ベストランキング」を発表。 『田舎暮らしの本』2月号では、 ■「大きなまち」 総合部門:30位、若者世代部門・子育て世代部門・シニア世代部門・自然の恵み部門:各20位 ■「小さなまち」 総合部門:50位、若者世代部門・子育て世代部門・シニア世代部門・自然の恵み部門:各25位 のランキングを紹介しています。掲載に関して、お気軽にお問い合わせいただけますと幸いです。 ★2019年版 第7回「住みたい田舎ベストランキング」発表!★ (宝島社『田舎暮らしの本』2月号、「2019年版 住みたい田舎ベストランキング」より) ■大きなまちランキング ・総合部門 第1位 鳥取県鳥取市 第2位 栃木県栃木市 第3位 静岡県静岡市 ・若者世代が住みたい田舎部門 第1位 鳥取県鳥取市 第2位 栃木県栃木市 第3位 長野県飯田市 ・自然の恵み部門 第1位 鳥取県鳥取市 第2位 長野県飯田市 第3位 静岡県浜松市 ・子育て世代が住みたい田舎部門 第1位 栃木県栃木市 第2位 鳥取県鳥取市 第3位 宮崎県延岡市 ・シニア世代が住みたい田舎部門 第1位 福岡県北九州市 第2位 山形県酒田市 第3位 栃木県栃木市 ■小さなまちランキング ・総合部門 第1位 大分県豊後高田市 第2位 島根県飯南町 第3位 大分県臼杵市 ・若者世代が住みたい田舎部門 第1位 大分県臼杵市 第2位 大分県国東市 第3位 島根県飯南町 ・自然の恵み部門 第1位 千葉県いすみ市 第2位 大分県臼杵市 第3位 長崎県五島市 ・子育て世代が住みたい田舎部門 第1位 島根県飯南町 第2位 茨城県常陸太田市 第3位 大分県豊後高田市 ・シニア世代が住みたい田舎部門 第1位 大分県臼杵市 第2位 長野県辰野町 第3位 大分県豊後高田市 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000794.000005069.html