大京他 集合住宅で初のサステナブル住宅賞|R.E.port
2019年1月22日 12時01分
no image
 (株)大京と近鉄不動産(株)は18日、共同で開発を行なった分譲マンション「ライオンズ港北ニュータウンローレルコート」(横浜市都筑区、総戸数221戸)が、第8回サステナブル住宅賞を受賞したと発表した。なお、集合住宅の受賞は今回が初。  同賞は、(一財)建築環境・省エネルギー機構が設立。居住環境の豊かさを維持しながら、省エネルギー、省資源、省CO2、建物の長寿命化など環境負荷低減に配慮した先導的な住宅を顕彰し、サステナブル社会の普及に寄与することを目的とする。  同マンションでは、ハード面において、ビオトープ(生物生息空間)や遊歩道といった、敷地内に豊かな自然空間の創出などを実施。一方、ソフト面での取り組みにも注力しており、居住者入居後の生態系研究イベント等の開催や、管理会社・植物管理会社等と理事会による「協同巡回」(年3回)を通じた居住環境の維持など、居住者主体のイベント実績などが評価された。 https://www.re-port.net/article/news/0000058006