住友不、越谷で大規模低層マンション|R.E.port
2019年1月23日 13時11分
no image
 住友不動産(株)は、大規模低層マンション「ガーデンハウス越谷レイクタウン」(埼玉県越谷市、総戸数338戸)の販売を開始した。  JR武蔵野線「越谷レイクタウン」駅徒歩10分に立地。敷地面積2万4,672平方メートル、延床面積2万6,247平方メートル、鉄筋コンクリート造地上4階建て。  空地率約59%のゆとりある配棟計画に加え、5列構成にすることで明るく開放的な全戸南向きを実現した。緑地面積は約5,500平方メートル確保。敷地内2ヵ所に中庭を配置し、敷地外周部や各棟間にある回廊に植栽を施すことで、緑豊かな空間を創出した。  共有施設として、コミュニティ形成を支援する「ママズラウンジ兼キッズルーム」や、趣味やパーティーに利用できる「マルチスタジオ兼キッチンスタジオ」などを用意した。  第1期販売の販売戸数は48戸。販売価格は3,498万~4,598万円、最多価格帯は3,500万円台、住戸間取り3LDK~4LDK、専有面積70.80~77.23平方メートル。  竣工は、2020年7月中旬、引き渡しは同年9月下旬の予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000058027