大和ハウス工業 「CDP気候変動2018」において最高評価の「気候変動Aリスト」企業に認定されました
2019年1月23日 15時00分
no image
 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、「CDP(※1)気候変動2018」において、最高評価の「気候変動Aリスト企業」に認定されました。 ※1.企業や政府の温室効果ガスの排出削減や、水資源、森林保全を促進する国際的な非営利組織。運用資産総額87兆米ドルを有する650の機関投資家等と協働し、企業に環境情報を開示し管理することを促しています。  「CDP気候変動」は、国際NPOのCDPが世界約7,000社の企業を対象に調査するもので、気候変動への対応と戦略において特に優れた取り組みを行っている企業を「気候変動Aリスト」に認定しています。2018年度は、126社(うち日本企業20社)が「気候変動Aリスト」に選定されました。  今回、当社は気候変動問題に対する取り組みと情報開示が国際的に高いレベルにあると認められ、「気候変動Aリスト」企業に認定されました。  また、同時に実施された水資源管理に関する調査「CDPウォーター2018」では「A-」、森林資源の保全に関する調査「CDPフォレスト2018」では「B」を取得しました。今後も当社は、幅広い環境活動を通じてお客さまと共に新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指します。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001111.000002296.html