【Realnetレポート】新築マンションパンフレット閲覧ランキング2018
2019年1月24日 11時00分
no image
 このランキングは弊社サービスでプロユーザー向けのサービスとして提供している「リアナビ」内のコンテンツ「マンションカタログ」で、2018年中に閲覧された新築マンション(首都圏、関西、東海)のパンフレットの閲覧数でポイント換算し、上位30位以上の物件をランキング形式でまとめたものになります。 「港区」「大規模」「タワーマンション」が注目  ランキング内37物件の地域割合を見てみると、港区の物件が10件で27%、次いで千代田区・横浜市が5物件づつの13.5%という地域割合となっています。また、20階建て以上のタワーマンションは15物件、総戸数200戸以上の大規模マンションは17物件、内6物件は1,000戸超えという「大規模」で「タワーマンション」といった物件が注目されているのが分かります。 詳しくはPDFをダウンロードして御覧ください