小田急電鉄 栗平駅前にワークスペース併設の「CAFÉ&SPACE L.D.K.」黒川駅前にシェアオフィスを核とした「ネスティングパーク黒川」
2019年1月25日 15時34分
no image
小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)と小田急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区 社長:金子 一郎)は、川崎市北部に位置する小田急多摩線 栗平、黒川駅前で、郊外の新しいライフスタイルを提案する2拠点をオープンします。 栗平駅前に、3月中旬、カフェやレンタル・ワークスペースからなるコミュニティ施設「CAFÉ & SPACE L.D.K.」を開業します。また、黒川駅前には、5月、シェアオフィスを核とした複合施設「ネスティングパーク黒川」を開業します。 栗平・黒川エリアは、豊かな自然と落ち着いた街並みが広がり、約30分で都心にアクセスできる利便性の高さから、子育て世代を中心に幅広い層の流入が進んでいる地域です。一方、人口増加に伴って、飲食店やカフェなど気軽に集い寛げる施設のニーズが高まっており、働き方が多様化するなかで、職住近接型のワークスタイルをサポートできる環境の整備も求められています。 新たにオープンする2つの施設は、多世代が住まう両駅周辺に広がる分譲エリアに新たな地域のコミュニティを育む拠点として位置づけています。栗平の「CAFÉ & SPACE L.D.K.」は、カフェにワーキングブースやイベントスペースを併設し、暮らしや仕事の利便性を向上するとともに、新たな地域コミュニケーションを育みます。また、黒川の「ネスティングパーク黒川」は、小田急グループが神奈川県で初めて展開するシェアオフィス「キャビン」を核とする複合施設です。職住が近接した郊外型の新しいワークライフスタイルを提案し、地域の一層の活性化を目指してまいります。郊外で集い、住まいの近くで働くことができる新たな仕事環境に加え、周辺の地域資源と連携を図りながら、地域コミュニティ拠点として、地域住民同士の交流の機会を創出します。 なお、両施設は働き方改革を見据えた新しいライフスタイルにつながる可能性がある点が評価され、国土交通省により「平成30年度スマートウェルネス住宅等推進モデル事業(住宅団地再生部門)」に採択されました。小田急グループが住宅供給を担ってきたエリアの価値向上のため、多世代交流による地域への愛着醸成・活性化を目指し、ライフスタイルに応じた価値を提供する拠点の整備を目指してまいります。 「CAFÉ & SPACE L.D.K.」、「ネスティングパーク黒川」の概要は、下記のとおりです。 記 1 栗平駅前「コミュニティ施設『CAFÉ & SPACE L.D.K.』」 (1)名称の由来 「CAFÉ & SPACE L.D.K.」は、Life Design Kurihira(ライフ・デザイン・栗平)から着想し、幅広い世代が集まり、笑顔で団欒する地域のLDK(リビング・ダイニング・キッチン)のように、地域住民同士、地域住民と小田急グループが繋がる場所になって欲しいという想いを込めています。 (2)特徴 1974年の小田急多摩線開業とあわせ、住宅供給の拠点としていた「小田急多摩住宅販売センター」を地域活動の活性化につながる空間に転換します。 駅徒歩1分の好立地に開業する本施設は、「みんなのたまり場」をコンセプトに、幅広い世代が利用できるコミュニティカフェ、キッチン付きを含む3部屋からなるレンタルスペース、仕事や趣味などに集中して取り組めるワークスペースを提供します。 なお、コミュニティカフェの運営は地域に根づいたカフェづくりに多数の実績がある株式会社WAT(ワット)が担い、小田急不動産とともに新たな地域コミュニケーションを育んでいきます。 (3)施設概要 (4)ティザーサイト URL http://www.cafeandspace-ldk.jp (5)その他 開業日、その他の店舗情報などの詳細は決定次第お知らせします。 2 黒川駅前「シェアオフィスを核とした複合施設『ネスティングパーク黒川』」 (1)コンセプト/名称の由来 多摩丘陵の豊かな自然環境に広がる住宅街は人々の暮らしを育む「巣(Nest)」。自分らしい働き方や好奇心をカタチにし育てるNestには人生を楽しむ人たちが「Nesting(つどい)」ます。仕事と遊びと暮らしのあいだ。産まれ、巣ごもり、巣立っていく「Nesting Park」として、黒川駅前が緑あふれる空間に生まれ変わります。 (2)特徴 黒川駅周辺には、栗木台地区の住宅のほか、企業の研究所や先端工場が進出する川崎市マイコンシティがあり、自然も多く残る職住が近接するエリアです。小田急グループの神奈川県内で初めての取り組みとして、駅前の好立地に、シェアオフィス「キャビン」を核とした複合施設を新設します。多様な世代間の交流やにぎわいを創出し、「働く、遊ぶ、暮らすのあいだ。」をテーマに郊外型の新しいワークライフスタイルを提案します。 キャビンは、個室タイプ、半個室タイプとオープン型のコワーキング・スペースで構成します。個室タイプはデスクワークはもちろん、ワークショップや店舗としても利用できるスペースとして提供します。 施設の企画・設計監理はリノベーション賃貸住宅「ホシノタニ団地」などで実績がある株式会社ブルースタジオ、施設全体の運営は小田急不動産、キャビンの企画・運営はインキュベーション施設の運営で豊富な実績がある株式会社タウンキッチンが担います。 (3)施設概要 (4)ティザーサイト URL http://nestingpark.jp (5)トークイベントの開催 ネスティングパーク黒川の開業に先立ち、郊外での新しい働き方・暮らし方を探るトークイベントを開催します。 ■タイトル: 『いつまで都心で働くの?郊外にある新しい暮らしと働き方(仮題)』 ■日時: 2019年3月14日(木) 19:00~21:00 ■場所: 3331アーツ千代田 (住所:千代田区外神田6丁目11番14号) ■登壇予定者: 池本洋一氏(株式会社リクルート住まいカンパニー「SUUMO」編集長) 中根利枝氏(wagamama house代表) 大島芳彦氏(株式会社ブルースタジオ専務取締役/クリエイティブディレクター)他 ※トークイベントの詳細については、上記ティザーサイトからご確認ください (6)その他 開業日、その他の店舗情報などの詳細は決定次第お知らせします。 【参考1】エリア概略図 【参考2】スマートウェルネス住宅等推進モデル事業について 高齢者、子育て世帯等の居住の安定確保及び健康の維持・増進に資する先導性が高い事業等を行う民間事業者等を公募し、国が選定した事業の実施に要する費用の一部を補助しており、具体的に課題解決を図る先導性が高い事業を支援する「一般部門」、健康の維持・増進に資する住宅の普及を図る事業を支援する「特定部門」と、住宅団地の再生に資する、先導的な提案や創意工夫を含む事業を支援する「住宅団地再生部門」があります。 【参考3】株式会社WAT 会社概要 会社名・・・株式会社WAT 所在地・・・東京都目黒区青葉台一丁目23番14号 斎藤ビル502 代表者・・・代表取締役 石渡 康嗣 事業内容 ①飲食店・レンタルスペースの運営 ②飲食店企画・コンサルティング ③不動産、経営コンサルティング ④コミュニティイベントの企画・運営管理 設立年月日・・・2013年9月 【参考4】株式会社ブルースタジオ 会社概要 会社名・・・株式会社ブルースタジオ 所在地・・・東京都中野区東中野一丁目55番4号 代表者・・・代表取締役社長 大地山 博 事業内容 ①建築設計・監理 ②事業コンサルティング ③不動産商品企画・コンサルティング ④不動産売買・賃貸・仲介 設立年月日・・・1998年4月 【参考5】株式会社タウンキッチン 会社概要 会社名・・・株式会社タウンキッチン 所在地・・・東京都小金井市梶野町一丁目2番36号 代表者・・・代表取締役 北池 智一郎 事業内容 ①創業支援施設(シェアオフィス・シェアキッチン)の企画・運営 ②地域連携カフェの企画・運営 ③宅地建物取引業 ④ウェブメディアの企画・運営 ほか 設立年月日・・・2010年7月 以上 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000504.000012974.html