阪急阪神不動産 香川県高松市で分譲マンションと子育て支援施設等の複合施設を整備~JR四国と初の共同事業を実施~
2019年1月28日 13時26分
no image
阪急阪神不動産株式会社(本社:大阪市北区、社長:若林常夫)では、四国旅客鉄道株式会社(本社:香川県高松市、社長:半井真司。以下「JR四国」)と共同で、香川県高松市において、同市内の中心市街地の活性化を図るため、分譲マンションと子育て支援施設等の複合施設の整備事業を実施いたします。 この事業は、近年、活気ある地域づくりが進行しており、全国的にも有名な丸亀町商店街がある高松一の繁華街ゾーンに位置する好立地の場所において、分譲マンションと子育て支援施設のほか、クリニック等を、2023年3月の竣工を目指して整備しようとするものです。 高松市は、四国では愛媛県松山市に次ぐ人口を擁する都市で、JR四国や四国電力株式会社といった四国全域を営業区域とする公共サービス企業の本社などが置かれている四国の政治経済の中心拠点とされています。当社では、これまで関西圏及び首都圏を中心に、マンション事業及び戸建て事業を展開してきましたが、今回の取組みを皮切りに、今後は、その他の地域での展開も積極的に検討してまいります。 ■複合施設の概要 所在(地番):高松市常磐町1丁目5番1、5番2 交通:高松琴平電気鉄道「瓦町」駅 徒歩4分 敷地面積:約1,895m2 用途:共同住宅、子育て支援施設・クリニック (参考)四国旅客鉄道株式会社の概要 1 所在地 香川県高松市浜ノ町8-33 2 代表者 半井真司 3 資本金 35億円 4 事業内容 四国の鉄道事業を中心に旅行業、ホテル事業、駅ビル事業、「J.CREST」ブランドの分譲マンション等を展開 阪急阪神不動産株式会社 https://www.hhp.co.jp リリース https://www.hhp.co.jp/data/pdf/2_353.pdf 発行元:阪急阪神ホールディングス     大阪市北区芝田1-16-1 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000025.000033147.html