三菱地所 新水素エネルギーの研究開発に出資|R.E.port
2019年1月29日 10時38分
no image
 三菱地所(株)は、新水素エネルギーの実用化に向け、(株)クリーンプラネット社(東京都港区、代表取締役社長兼CEO:吉野英樹氏)に出資(第三者割当増資)した。  クリーンプラネット社は、安価で環境負荷の少ない新水素エネルギー技術の研究開発を手掛けており、三菱地所ではこれまでの取り組みに加え、新エネルギーの活用についても積極的に検討することで、脱炭素社会に向けたまちづくりを進めていく考え。 https://www.re-port.net/article/news/0000058076