YKK AP 累計販売170万セット以上のYKK AP主力玄関ドアをフルモデルチェンジ 玄関ドア「ヴェナート D30」 発売
2019年1月29日 15時37分
no image
YKK APは、多様化するライフスタイルに対応するデザインや機能を合わせもった住宅用玄関ドアの新商品「ヴェナート D30」(非防火・防火)を2019年4月8日から発売します。 「ヴェナート」シリーズは、2002年に初代を発売して以来、累計販売数量170万セット以上のYKK AP主力玄関ドアシリーズで、10年ぶりのフルモデルチェンジとなります。 YKK AP株式会社(本社:東京都千代田区、社長:堀 秀充)は、多様化するライフスタイルに対応するデザインや機能を合わせもった住宅用玄関ドアの新商品「ヴェナート D30」 (非防火・防火)を2019年4月8日から発売します(※1)。 「ヴェナート」シリーズは、2002年に初代を発売して以来、累計販売数量170万セット以上(※2)のYKK AP主力玄関ドアシリーズで、10年ぶりのフルモデルチェンジとなります。 玄関空間には室内側、ドア本体、室外側のそれぞれに求められる役割があり、時代と共に、ライフスタイルや住宅の性能・デザインなどに応じて変化してきました。室内側は、風通しや換気、冬場の暖かさの確保。ドア本体は、“家の顔”に相応しいユーザー好みのデザイン。室外側は、訪れる人を迎えるしつらえの演出。そのようなニーズの拡がりに応じて、従来以上の性能、新たな機能やデザインを加えて生まれ変わったのが、「ヴェナート D30」です。 断熱性能は、ドア構造の細部を見直すことで、代表デザインでは従来比で約12%の性能向上(※3)を図りました。 機能面では、生活者のニーズの高い玄関空間の“通風”に着目し、通風デザインを強化しました。標準仕様(非通風)と同デザインでありながら通風に対応する内開き通風機構を採用し、非防火・防火共に12デザインへ増加し、業界最多のラインアップ(※4)としました。 全体のデザインラインアップについては、多様化する住宅外観やユーザーの嗜好性に対し、4つのデザインテイストと3つの価格帯にセグメントし、全62デザイン・20カラーをバランスよく設定しました。中でも、これまでにない上級グレードの「エクストラデザイン」を新たに設定し、素材やディティールにとことんこだわりました。さらに、ドア本体と共に玄関アプローチ空間を、ユーザーの好みや季節に応じて彩るオプションパーツを新たに設定しました。全デザインに後付け可能なリースフックと、「ヴェナート D30」専用デザインのオリジナルリース。また、ドアの周囲を縁取ってアクセントのある玄関を演出するデザインモールです。 ■商品特長 ①断熱性の向上 2030年に新築住宅の平均でZEH実現を目指すなど、住宅の高断熱化の流れを見据え、基本構造を見直して断熱性を向上させました。フレーム材質の変更や複層ガラスの中空層拡大などにより、代表デザインでは従来のU値2.21W/(㎡・K)からU値1.94 W/(㎡・K)となり、12%断熱性を向上(※3)させました。 ②デザイン変更 住まい手の好みに合わせて選べる“ナチュラル”・“シンプル”・“シック”・“エレガント”の4つのデザインテイストに分類した、全62デザイン20カラーをラインアップしました。 <通風デザインの強化> 玄関ホールにおける通風・換気のニーズは高く、約7割の方が玄関ドアに網戸を付けたいと考えています(※5)。しかし、デザインを理由に通風ドアを諦めるケースもあり、新築戸建住宅における通風デザインの出荷構成比は5%以下(※6)となっています。 「ヴェナート D30」の通風ドアは、内開きの通風機構を見直し、シンプルでベーシックなデザイン展開が可能となりました。新築戸建住宅に使いやすいベーシックな標準仕様(非通風)のドアと同意匠とし、標準仕様から一定金額の加算(+7万円(※7))で通風ドアが選択できる新たな提案です。デザイン数も、従来は非防火で5デザイン・防火で2デザインのみから、非防火・防火共に12デザインに増やし、意匠も価格も選びやすい設定としました。 内開きの通風機構は開閉部の角度を40°に制限することで、万が一の衝突時にも開閉部が閉じる方向に動く安全性に配慮した構造とし、また、開閉部が中央に残ることで外部からの視線をカット、遮蔽性(プライバシー)にも配慮します。 <上級グレード「エクストラデザイン」の追加> 新たに上級グレードとなる「エクストラデザイン」を新設しました。ステンレスや漆調パネルなどの素材やディティールにこだわった4デザインをラインアップし、より高意匠な玄関ドアを提案します。 ③ドアを彩るオプション プランツスタイリスト井出 綾さんの監修で、「ヴェナート D30」のためにデザインされたオリジナルリースを8デザイン設定。玄関ドアのアクセントとなるドアモールと合わせ、ユーザーの好みや季節に合わせてドアまわりを演出することができます。 ④その他の特長 安全性の向上のため、強風による急激な扉の開きにブレーキをかけるバックチェック機構付きドアクローザーを標準設定としました。また、子供の指ばさみリスクを低減するため、13㎜の隙間を設けた新丁番を採用しました。(日本特許出願中) また、2018年12月現在で装着率が64%を超える電気錠「スマートコントロールキー」は、継続で設定。引き続き、生活者の利便性や安全性の向上を目指します。 ■商品概要 <商品名> 玄関ドア「ヴェナート D30」 <基本サイズ> 片開き 幅(W)922㎜×高さ(H)2,330㎜ <デザイン数> 62デザイン、内 通風デザイン 12デザイン <カラー> 20カラー <枠タイプ> 片開き・親子・親子(入隅用)・片袖FIX・両袖FIX・両開き <錠タイプ> スマートコントロールキー(ピタットKey、ポケットKey)、手動錠 <断熱仕様> D2 / D4 <基本性能> 耐風圧性 S-2、気密性 A-4、水密性 W-2、遮音性 等級2 <参考価格(※8)> ≪標準仕様(非通風)≫ F03デザイン、片開き、D4仕様、スマートコントロールキー(ピタットKey)の場合 318,000円 ≪通風ドア≫ F03Tデザイン、片開き、D4仕様、スマートコントロールキー(ピタットKey)の場合 388,000円 <発売地域> 全国(沖縄除く) <発売日> 2019年4月8日(※1) <売上目標金額> 2019年度:140億円 <商品名> 玄関ドア「ヴェナート D30 防火ドア」 <基本サイズ> 片開き 幅(W)922㎜×高さ(H)2,330㎜ <デザイン数> 45デザイン、内 通風デザイン 12デザイン <カラー> 20カラー <枠タイプ> 片開き・親子・親子(入隅用) <錠タイプ> スマートコントロールキー(ピタットKey、ポケットKey)、手動錠 <断熱仕様> D2 / D4 <基本性能> 耐風圧性 S-2、気密性 A-4、水密性 W-2、遮音性 等級2 <参考価格(※8)> ≪防火標準仕様(非通風)≫ F03デザイン、片開き、D4仕様、スマートコントロールキー(ピタットKey)の場合 578,000円 ≪防火通風ドア≫ F03Tデザイン、片開き、D4仕様、スマートコントロールキー(ピタットKey)の場合 648,000円 <発売地域> 全国(沖縄除く) <発売日> 2019年4月8日(※1) <売上目標金額> 2019年度:140億円 ※1:防火ドアの通風デザインは、発売時期が異なり、現在準備中です。 ※2:リフォーム用商品などの派生商品や、特定顧客専用商品を含みます。 ※3:「JIS A 2102 窓およびドアの熱性能-熱還流率の計算」に準拠した自社計算プログラムによる数値。    従来品・「ヴェナート D30」ともに、片開き・D2仕様・代表デザインでの比較。 ※4:YKK AP調べ。(国内主要サッシメーカーのカタログ表記情報に基づく。2019年1月時点) ※5:YKK APによるWEBアンケート調査結果(回答者数1,017名)に基づきます。 ※6:従来品のYKK AP2017年度販売実績に基づきます。 ※7:D4仕様の場合の、参考価格への加算額(消費税・組立費・現場搬入費・取付費は含みません)。    D2仕様の場合は、+9万円。 ※8:参考価格には、消費税・組立費・現場搬入費・取付費は含みません。 < お客様からのお問い合わせ先 > YKK AP株式会社 お客様相談室 一般のお客様    TEL:0120-20-4134 建築・設計関係者様 TEL:0120-72-4134 https://www.ykkap.co.jp https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000318.000006735.html