大和ハウス工業 10日間の停電に対応する「災害に備える家」|R.E.port
2019年3月12日 13時52分
no image
 大和ハウス工業(株)は4月1日、防災配慮住宅「災害に備える家」の販売を開始する。  自然災害時における倒壊や水没といった1次災害だけでなく、停電によるライフライン被害等の2次災害にも備える住宅。新開発の耐力壁「KyureK(キュレック)」を採用した「xevoΣs+(ジーヴォシグマエスプラス)」仕様で、同社の主力戸建住宅商品である「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」と比較し、巨大地震時の建物の揺れを最大2分の1に低減。台風など強風による飛来物の衝撃に強い防災瓦や防災防犯ガラスも搭載した。  また、太陽光発電システムと、エネファーム、家庭用リチウム蓄電池を、新たに開発した切換盤で連携させる「全天候型3電池連携システム」を採用。これにより、停電時にはエネファームが発電する電力を家庭内でリチウムイオン蓄電池に備えることができ、雨天時でも約10日間は、電力と暖房、給湯を使用できるようにした。  販売目標は年間160棟。 https://www.re-port.net/article/news/0000058459