EJR、上場後初の決算|R.E.port
2019年3月14日 14時44分
no image
 エスコンジャパンリート投資法人(EJR)は12日、2019年1月期決算を発表した。上場後初の決算。  当期(18年5月1日~19年1月31日)は、営業収益6億2,900万円、営業利益3億900万円、経常利益2億6,300万円、当期純利益2億6,200万円。1口当たり分配金は5,422円。なお、決算期を各年4月末日および10月末日から各年1月末日および7月末日に変更しているため、当期の運用期間は9ヵ月間となっている。  底地のテナントとの密接なリレーションの構築、適切な運用資産の管理と収益向上のための施策を実施。中長期的にわたる安定的な収益の確保に努めた。期末の運用資産3物件の稼働率は100%。  次期は、営業収益14億4,200万円、営業利益9億6,000万円、経常利益6億2,400万円、当期純利益6億2,300万円、1口当たり分配金2,629円を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000058487