【特別コラム】いい加減な「不動産投資本」に、なぜ30〜40代がだまされたのか?|細野透(建築&住宅ジャーナリスト)
2019年3月20日 09時15分
no image
 サブリース方式で、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営していたスマートデイズが、経営破綻したのは2018年4月のことでした。  それから約10ヵ月経った2019年2月。今度はレオパレス21のアパートに、施工不良があることが発覚しました。しかも、建築基準法に違反している可能性が高いため危険性が高く、入居者が退去を迫られるという、極めて深刻な事態に陥っています。  全国3万9000棟余りのアパートのうち、2月下旬時点で施工不良があるアパートは1万1000棟を超え、また退去を迫られている入居者は最低でも1万4000人以上とされています。  2019年2月13日付の日本経済...