ロイヤルパークホテルアンドリゾーツ 銀座に外国人をターゲットにしたホテル|R.E.port
2019年3月20日 11時46分
no image
 (株)ロイヤルパークホテルアンドリゾーツ(以下、ロイヤルパークホテルズ)は20日、「ザ ロイヤルパーク キャンバス」の第2弾である「ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8」(東京都中央区、総客室数121室)を開業する。  東京メトロ銀座線「銀座」駅徒歩約5分に立地。銀座中央通りにも至近の観光適地であることから、インバウンドの利用を7割程度見込む。敷地面積約422平方メートル、鉄骨造地上14階建て、延床面積約4,629平方メートル。  客室は3~13階。ダブル(専有面積17.4~24.9平方メートル、定員2人)、ツイン(専有面積20.1~30.0平方メートル、定員2~3人)等を用意した。宿泊料金は、1人当たり1万6,000円~。  1階はティーサロン「SARYU(サリュウ)」、2階は、DJブースを設けた「ミュージックライブラリー」、フィットネスジム、コインランドリー、ラウンジとし、連泊客のニーズにも応える共用部を充実させた。  14階はミシュラン一つ星獲得シェフが監修するレストラン「Opus」とし、宿泊者だけでなくレストランのみの利用も受け付ける。  同ホテルはケネディクス(株)が開発、(株)スペースデザインが経営、ロイヤルパークホテルズが運営する。なお、ロイヤルパークホテルズは6月9日にも、同ホテルシリーズ第3弾となる「ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜」(大阪市中央区)を開業する予定。 https://www.re-port.net/article/news/0000058544