グローバルエージェンツ 新築ソーシャルアパートメント「WAVES日本橋浜町」が2019年3月1日の開業と同時満室
2019年3月25日 09時34分
no image
株式会社グローバルエージェンツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:山﨑 剛)は、主力事業であるコミュニティー型住宅「ソーシャルアパートメント」を全国で43棟2,400室を展開する他に、ホテル事業として全国で7棟600室のブティックホテル、ライフスタイルホテルを運営しております。 この度、2019年3月1日に『WAVES(ウェーブス)日本橋浜町』がオープン致しました事と同時に100%自社サイト集客で満室となりましたことをお知らせ致します。 ■最上階のラウンジからの眺めが良好な新築高層ソーシャルアパートメント “「手しごと」と「緑」のみえるまち”というコンセプトを掲げ、で安田不動産株式会社がまちづくりを進めている日本橋浜町に、待望の新築ソーシャルアパートメント『WAVES日本橋浜町』が誕生しました。 都営新宿線「浜町」駅、東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅、東京メトロ日比谷線/浅草線「人形町」駅と、4線利用可能な上、各駅から全て徒歩10分以内という好立地に位置する『WAVES日本橋浜町』は、オープン約4ヶ月前の段階から入居募集を進め、全室水回り付き居室と、建物の最上階に位置するラウンジからの良好な眺めが評判を呼び、オープン同時満室となりました。 ■リピーターの多い、都心の大人なコミュニティー 54室の世帯のうち7名が他のソーシャルアパートメント経験者、男女比5:5、平均年齢はソーシャルアパートメント全体の平均年齢29.8歳を1.9歳上回り、31.7歳となりました。 リピーターの割合が多いことでオープン直後から入居者間コミュニティー形成が進んでおり、すでに手打ちうどんのイベントや、浜町の街歩きなどが企画され、活発な交流が始まっています。 今後は地域の祭りへの参加など浜町の街に開かれたコミュニティーとしての役割も期待されています。 ■WAVES日本橋浜町について 日本橋浜町エリアで、地域に根ざした街づくりを進める、安田不動産株式会社との共同開発により誕生した『WAVES日本橋浜町』。建物内でのコミュニティー形成を促すソーシャルアパートメントと、まちづくり活動を連携させた、「まちに広がるソーシャルアパートメント」をコンセプトにしています。 『WAVES』という名称には、人と人が出会い、新たに生まれたコミュニティーや活動が「波」となり街に広がっていくという想いが込められています。 最上階の13階と14階に分かれテイストが異なる二種類の計110㎡に及ぶ充実した共用ラウンジを用意。どちらも眺望がひらけ、東京タワーを眺めることも可能。 テラスが隣接した開放的な14階テラスラウンジは、屋内空間からテラスへフラットに続く設計が特徴で、30㎡のテラスからは浜町のまちを一望できます。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000079.000007264.html