神奈川県住宅供給公社 横浜の築60年の団地を再生|R.E.port
2019年3月25日 16時19分
no image
 神奈川県住宅供給公社は、築60年以上が経過した公社賃貸住宅「桜ヶ丘共同住宅」(横浜市保土ヶ谷区)をリノベーション。名称を、「アンレーベ横浜星川」(総戸数32戸)に変更し、27日より募集を開始する。  相鉄本線「星川」駅より徒歩14分。鉄筋コンクリート造地上4階建て。「住宅性能改善事業」の一環として、外壁塗装や住戸内の改修工事のみならず、外断熱化の採用、時代のニーズに即した間取り変更(フルリノベーション工事)、建物全体のデザイン性向上を図った。  募集住戸は8戸。間取りは1LDK、専有面積は約37平方メートル。月額賃料は6万2,100~6万5,300円(共益費は4,300円)。現地申し込み受付・オープンルームを3月27~31日に開催する。入居開始は5月10日を予定している。 https://www.re-port.net/article/news/0000058570