NTTUD、シェアオフィス4拠点をオープン|R.E.port
2019年3月27日 10時52分
no image
 NTT都市開発(株)は26日、同社が展開するシェアオフィス「LIFORK」について、新たに4月より秋葉原、上北沢、川崎、大手町でオープンすると発表した。  「LIFORK秋葉原II」(東京都千代田区)は、築60年のビルをリノベーション。秋葉原タウンマネジメント(株)とNTT都市開発が共同事業の展開する「秋葉原TMOビル」内にオープン。シェアオフィス12室のほか、ラウンジやシャワールームを設ける。  「LIFORK上北沢」(東京都世田谷区)は、NTT電話局の営業窓口跡を活用。「街の電話局」の復元をコンセプトとし、コミュニティ拠点創出・働き方改革・テレワークの推進に貢献する場を提供する。アウトドアをテーマに、1名用ブース10室とラウンジ、ミーティングルームを設ける。  「LIFORK川崎」(川崎市川崎区)もNTT電話局の営業窓口跡を活用。書籍をテーマとしたシェアオフィス8室、1名用ブース3室、ラウンジ、ミーティングルームを設ける。  また、18年9月に開業した大手町プレイス地下2階に、19年12月末までの期間限定の実験的シェアスペースとして「LIFORK Lab」(東京都千代田区)を開業。イベントスペースやラウンジを提供するとともに、さまざまな企業とのコラボレーションにより新しいテクノロジーを導入する。 https://www.re-port.net/article/news/0000058617