東京主要5区ビル空室率、再び1%台に|R.E.port
2019年4月10日 13時07分
no image
 ビルディンググループは8日、2019年3月度の全国6大都市圏(東京、名古屋、大阪、福岡、札幌、仙台)の主要エリアにおけるオフィスビル市況調査結果を発表した。調査対象は、空室率が基準階床面積100坪以上の事務所ビル、推定成約賃料が同100~300坪の事務所ビル。  東京主要5区(千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区)の平均空室率は1.97%(前月比0.05ポイント低下)と、1%台に回復した。  区別では、千代田区1.63%(同0.07ポイント低下)、中央区3.88%(同0.22ポイント低下)、港区1.69%(同0.01ポイント低下)、新宿区1.61%(同0.15ポイント上昇)、渋谷区1.03%(同0.20ポイント低下)と、新宿区を除く4区で低下した。低水準の空室率が続いており、中・大規模物件の新規募集床には特に人気が集中している。1坪当たりの推定成約賃料は、2万1,203円(同184円減)。  その他の都市は、名古屋が空室率1.62%(同0.12ポイント低下)・賃料1万 514円(同42円増)、大阪1.68%(同0.01ポイント低下)・9,923円(同3円減)、福岡1.23%(同0.26ポイント低下)・1万3,071円(同223円増)、札幌2.60%(同0.31ポイント低下)・9,412円(同240円減)、仙台2.98%(同0.12ポイント低下)・1万32円(同248円減)となった。 https://www.re-port.net/article/news/0000058738