いちご REIT保有ビルへ共用ラウンジ、大阪で第2弾|R.E.port
2019年4月11日 11時43分
no image
 「いちごオフィスリート投資法人」の運用会社であるいちご投資顧問(株)は、同投資法人保有の「いちご内本町ビル」(大阪市中央区)のワンフロアを改修。テナント向け共用ラウンジ「ICHIGO LOUNGE(いちごラウンジ)」を導入した。  2018年に、「いちご東池袋ビル」(東京都豊島区)に「いちごラウンジ」を導入したところ、早期のリースアップにつながるなど、高い反響が得られたことから、第2弾として取り組んだ。  敷地面積522.31平方メートル、延床面積4,239.50平方メートル。鉄骨鉄筋コンクリート造地上10階地下1階建て。1992年5月築。大阪市営地下鉄谷町線・中央線「谷町四丁目」駅から徒歩約3分に位置し、本町通り沿いに立地する視認性に優れた中規模オフィスビル。18年9月に取得した。  取得以前よりリフレッシュルームや会議室として使用されていたフロア(約96坪)に「いちごラウンジ」(約43坪)を設置し、従前の共用スペースを集約。コンセプトを「LIBRARY LOUNGE」とし、コミュニケーションスペースと専用の会議室を備えたデザイン性の高い空間を創出した。残りのスペース(約52坪)は、デザイン性の高いオフィス区画(貸室)として整備し、テナントを募集している。 https://www.re-port.net/article/news/0000058759