矢野経済研究所 18年のリフォーム市場規模は6.2兆円|R.E.port
2019年4月11日 11時50分
no image
 (株)矢野経済研究所は9日、2018年の住宅リフォーム市場に関する調査の結果を発表した。同社専門研究員による市場規模算出および文献調査。  同年のリフォーム市場規模は6兆2,165億円(前年比0.9%減)と推計。短期的な増減はあるものの、通年で見ると6兆2,000円規模で推移した。  分野別では、「設備修繕・維持」分野が前年比0.2%減と、ほぼ横ばいで推移した。「増改築工事(10平方メートル超+10平方メートル以下)」分野は4.2%減、「家具・インテリア」分野は同2.5%減だった。  19年の市場規模については、6兆3,000億~6兆6,000億円規模を予測。マイナス要因があるものの、10月の消費税率引き上げに向けた駆け込み需要が顕在化するとみられ、緩やかな上昇に向かうと予測している。 https://www.re-port.net/article/news/0000058749