積水ハ、名古屋にマリオットブランドのホテル|R.E.port
2019年4月15日 13時15分
no image
 積水ハウス(株)とマリオット・インターナショナル、(株)読売新聞東京本社は、ホテル「コートヤード・バイ・マリオット名古屋」(名古屋市中区)を2022年春に開業する。同ブランドとしては、国内で6施設目。  同ホテルは、積水ハウスがプロジェクトマネジメントと設計・施工を担当。読売新聞東京本社から建物を一棟借りした上で、マリオット・インターナショナルと運営・管理する。  地下鉄東山線「伏見」駅より徒歩10分、JRほか「名古屋」駅より徒歩18分と、ショッピング・エンターテイメント施設が点在する利便性の高いエリアに立地。建物は地上12階建て、延床面積約2万2,000平方メートル。  客室は360室、スイートを10室用意。また、ビュッフェやライブキッチンの並ぶレストランや、フィットネスセンターのほか、ビジネス層のニーズに応え2部屋に分割可能のボールルーム、4つの会議室なども設置する。 https://www.re-port.net/article/news/0000058783