東急電鉄 公民連携によるインフラ設備の防災力強化・産業振興を目指し静岡県と東急電鉄が3次元点群データの利活用に関する協定を締結
2019年4月15日 16時50分
no image
 静岡県と東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)は、両者が所有する、3次元点群データ(※)を相互に利活用し、地域の活性化や産業振興を連携して推進していくため、4月15日(月)に「3次元点群データ利活用に関する連携協定」(以下、本協定)を締結しました。  これまで、静岡県は防災、観光PRやインフラ維持管理の効率化といった観点から、構造物や観光地の3次元点群データを積極的に蓄積しています。東急電鉄も、首都高グループと共同開発中の「鉄道版インフラドクター」・「空港版インフラドクター」を活用した実証実験を、伊豆急行線内や、今年4月から東急電鉄などが運営開始した静岡空港で実施しており、3次元点群データを活用した保守管理業務の省力化に取り組んでいます。  本協定に基づく具体的な取り組みとして、静岡県は、県東部・伊豆半島の面的データ、県道の3次元点群データを、東急電鉄は、下田市街地の3次元点群データを取得します。両者は、この新たに取得するデータや、既に静岡県が保有する県道データを活用し、伊豆で進めている観光型MaaSの第2期(11月頃)において、下田市内で自動運転の実証実験を連携して行います。  このほか、静岡県は東急電鉄の取得する3次元点群データを活用し、速やかな災害対応、インフラ維持管理の効率化・省力化、防災力の強化を行います。また、東急電鉄も、伊豆急行のさらなる保守管理の省力化・防災力強化などのほか、静岡県をモデルとした観光誘客映像などのサービス事業の開発など、両者は3次元点群データを活用することで、新たな価値の創造を目指します。 ※3次元点群データ:ドローンやレーザースキャナーを使って取得した、位置を表す座標指標と色の要素を持つ点の集合体。 詳細は、以下の通りです。 ■協定の主な内容 (1)名   称  3次元点群データ利活用に関する連携協定 (2)目   的    静岡県及び東急電鉄が整備する3次元点群データを相互に利活用し、新たな価値の共創を目指すことで、地域の活性化、産業振興、経済発展及び相互の発展に寄与し、もって静岡県の魅力向上に資すること。 (3)連携・協力事項  (1)3次元点群データを整備すること  (2)3次元点群データの相互利用に関すること  (3)本協定に基づく産業振興や経済発展、地域の活性化に関すること  (4)本協定の目的を達成するために必要な事項に関すること (4)今後の主な取り組み    データの取得【静岡県:東部・伊豆半島の面的データ、県道 東急電鉄:下田市街地】    3次元点群データのオープンデータ化【静岡県】    伊豆観光型MaaSプロジェクトにおける自動運転の実証実験【静岡県、東急電鉄】    データを活用した伊豆急行の保守管理の省力化、防災力強化【東急電鉄】    本県をモデルとした観光誘客映像などのサービス事業の開発【東急電鉄】 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000384.000010686.html