首都圏分譲M賃料、3ヵ月連続で上昇 東京カンテイ|R.E.port
2019年4月16日 11時47分
no image
 (株)東京カンテイは15日、2019年3月の三大都市圏分譲マンション賃料月別推移を発表した。分譲マンションが賃貸された場合の募集賃料を、1平方メートル当たりに換算して算出。  首都圏の平均賃料は2,831円(前月比1.2%上昇)と、賃料水準が高い東京都での強含みや事例シェア拡大が影響し、3ヵ月連続の上昇となった。  都県別では、東京都3,415円(同0.7%上昇)、神奈川県2,167円(同0.5%上昇)、埼玉県1,643円(同0.4%下落)、千葉県は1,680万円(同1.9%上昇)となった。  近畿圏は1,893円(同1.2%上昇)、主要エリアがそろってプラスとなり、3ヵ月連続の上昇となった。大阪府は2,125円(同1.4%上昇)と3ヵ月連続の上昇。兵庫県は1,685円(同1.4%上昇)と4ヵ月連続で上昇している。  中部圏は1,756円(同1.2%上昇)と引き続き上昇。愛知県は1,800円(同1.2%上昇)となった。 https://www.re-port.net/article/news/0000058794