HLI19年2月期 分配金は3,516円|R.E.port
2019年4月17日 10時43分
no image
 ヒューリックリート投資法人(HLI)は15日、2019年2月期の決算説明会を実施した。  当期(18年9月1日~19年2月28日)は、営業収益89億4,400万円(前期比10.4%増)、営業利益49億9,500万円(同9.2%増)、経常利益43億9,900万円(同8.8%増)、当期純利益43億9,800万円(同8.8%増)。1口当たり分配金は3,516円(同127円減)となった。  期中、「品川シーズンテラス」(取得価格61億円)等、6物件(取得価格合計372億円)を取得し、「リーフみなと(底地)」の準共有持分を譲渡。期末時点の保有物件は50物件、取得価格合計は約3,069億2,900万円。ポートフォリオ全体の稼働率は99.9%と高水準を維持。  決算説明会に登壇したヒューリックリート投資法人およびヒューリックリートマネジメント(株)代表取締役の時田榮治氏は当期の業績について、「上場以来掲げてきた4~5年以内に資産規模3,000億円という目標を予定より少し早く達成できた」と振り返った。また、今後の方針について、「ポートフォリオの8割程度を占めるTCP(東京コマーシャル・プロパティ)分野のオフィス物件は、東京23区内のものに限定していたが、今後は東京都全体、横浜、川崎、大宮など近郊の政令指定都市も投資対象に組み込み、もう一段階上の成長を目指す」と話した。  次期については、営業収益90億1,900万円、営業利益48億7,400万円、経常利益42億6,700万円、当期純利益42億6,600万円、1口当たり分配金3,410円を見込む。 https://www.re-port.net/article/news/0000058784