JR西日本他 大阪でにぎわい生む複合施設|R.E.port
2019年4月17日 10時52分
no image
 西日本旅客鉄道(株)は15日、阪神電気鉄道(株)と共に開発を進めている「福島5丁目・7丁目共同開発計画」において、ホテル・商業施設を含む複合ビル(大阪市福島区)を竣工。5月15日にオープンする。  同施設は、JR大阪環状線「福島」駅より徒歩3分に位置。敷地面積2,584平方メートル、延床面積1万1,105平方メートル、地上12階建て。ホテルゾーン(1~12階)には、(株)阪急阪神ホテルズが運営する「ホテル阪神アネックス大阪」(客室数254室)が入居する。商業ゾーン(1~3階)は(株)阪神オアシスが入居し、1~2階はスーパーマーケット、3階はクリニックモールとして運営する。  また、同施設とJR大阪環状線の間を「ふくまる通り57」と命名し、高架下店舗と一体となった通りづくりを実施。通りに面する店舗が、道にテーブルや椅子を設置し、屋外での営業も行なうなど、周辺地域ににぎわいを創出する。 https://www.re-port.net/article/news/0000058802