テラドローン、屋根点検ソリューション 「Terra Roofer」赤外線カメラに対応した新バージョンの提供を開始
2019年4月18日 10時30分
no image
テラドローン株式会社(東京都渋谷区、 代表取締役/徳重 徹、 以下テラドローン)は、 昨年9月にリリースとなった屋根点検ソリューション「Terra Roofer」(テラルーファー)に16機能以上を新たに追加し、 大幅なバージョンアップにて提供を開始しました。 Terra Rooferは一戸建・集合住宅などの建造物の屋根をドローンを用いて自動で撮影するためのアプリケーションです。 より身近に、 また安全に屋根点検業務を実施していただくことができます。 また、 一事故あたりの対人・対物補償が最大1億円のドローン保険も付帯しています。 ■Terra Rooferの概要 Terra Rooferは、 ドローンを簡単に操作するためのアプリケーションソフトです。 タブレット端末・スマートフォンを操作することで、 コントローラーを操作せずにドローンを飛行させ、 屋根の写真を撮影することが可能となります。 ■リリース日 2019年4月8日(月) ■アップデート内容 今回大幅に機能を追加した、 新バージョンのTerra Rooferは安全性の向上、 ならびに現場のご要望を採用し、 機能を追加しております。 <iPhone対応> iPadはもとより、 iPhoneでもご利用いただけます。 ※Android版は現在開発中 <太陽光発電業者向け造成地測量機能> 測量士が現場に行かなくても、 ドローンで撮影し、 面積が測定計測できます。 これにより、 撮影当日に面積を算出でき、 1日に複数現場の撮影を行うことにより、 効率的に太陽光発電案件を受注できます。 <MAVIC 2 ENTERPRISE DUAL対応> 現在DJI社から発売中のMAVIC 2 ENTERPRISE DUALに対応済みです。 これにより太陽光パネルの点検にもご利用いただけます。 <衝突防止機能> ドローン操縦中に、 障害物が前方にある場合に検知して停止する機能を搭載。 ※初心者でも認識できる仕組みを実装いたしました。 <全体撮影機能> ご要望の多かった、 家全体を1枚の写真に収める機能を搭載。 <ズーム機能> MAVIC 2 シリーズでズーム機能を搭載。 ※MAVIC 2 ZOOMでは、 光学ズームを利用できます。 <安定化上昇機能> 狭小地でのGPS利用時に、 マルチパスなどの影響による、 上昇する際の不安定を解消。 <任意のオーバーラップ率設定> 3次元化のための撮影や、 点検のための撮影と目的が異なるときにオーバーラップ率を設定する機能を搭載。 <外周飛行、 ジグザグ飛行の選択> 外周飛行:雨樋を撮影するための機能。 ジグザグ飛行:3次元化するための撮影機能。 <プロジェクト検索機能> プロジェクトの一覧から検索する機能を搭載。 <屋根面積計測機能・瓦PRO2000連携機能> 撮影した画像から3次元化を行い、 画面上で、 面積計算ならびにヤナイソフトウエアー※1 瓦PRO2000に連携する機能を搭載。 ※1 ヤナイソフトウエアーとの事業提携を行っており様々なサービス連携をこれからも行ってまいります。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000117.000020194.html